紫外線対策

夏は日差しが強いから紫外線対策を気にしますよね。

 

でも夏が終わり秋になると途端に紫外線対策を忘れ始め、冬になれば紫外線なんて言葉すら頭の隅にポイっと放られて思い出しもしないなんてことありませんか?

 

でも紫外線対策は1年中した方がいいし、ニキビがあるときは油断大敵ですよ。

どうして紫外線を浴びるとニキビ跡になる理由

紫外線対策

ニキビ跡になる原因で思いつくのは、ニキビを潰してしまったり過度に触ったりという自分が刺激を与えたことですよね。

 

でも自分から刺激を与えなくてもニキビ跡になる原因はあるんです。

 

そのひとつが紫外線

紫外線を浴びると日焼けしますよね。

 

日焼けは肌を紫外線からの刺激から守ろうとする肌の機能で、メラニンを生成して黒くさせることで紫外線をバリアをしているんです。

 

このメラニンは肌を守るだけでなくシミの元としても有名なので、名前を聞いたことある人も多い色素です。

 

ニキビは肌の負傷している箇所になるので、健康な肌の部位より多くのメラニンを生成して紫外線を強固にガードしようとします。

 

それによって、健康な肌の部位は何ともないのに、ニキビの部位だけ黒く色素沈着(シミ)になり、茶色いニキビ跡ができます。

 

シミに悩む人が数日、数週間で悩みが解決することがないように、茶色ニキビ跡も簡単には治りません。

 

なのでニキビ跡にならないように対策をすることが大切なんです。

茶色ニキビ跡にしないための紫外線対策

紫外線がニキビに悪影響と分かったら、さっそく紫外線対策をしていきましょう!

 

紫外線からニキビを守るポイントは3つ。

  • 日焼け止めをこまめに塗る
  • 日傘や帽子でガード
  • 室内でも油断しない

オーソドックスな方法ですが、実践しやすい方法です。

 

肌を出さないように目出し帽をかぶって通勤通学して!とか言われるより現実味があるでしょ?笑

↓こういう犯人がかぶってそうなやつ↓

日焼け止めをこまめに塗る

紫外線対策としてメジャーなのは日焼け止めを塗ることですよね。

 

日焼け止めは汗などで落ちてしまうので、こまめに塗り直す必要があるんです。

 

腕とか脚なら塗り直すけど、顔はメイクしていると塗りなおすの大変だから朝のメイク前しか日焼け止め塗らないって人も多いんですよね。

 

だけど光を浴び続けると活性酸素が発生し、皮脂が酸化して過酸化脂質となり肌を刺激するからニキビを悪化させる原因なります。

 

なのでお昼休みなどに一旦、化粧水などで酸化した皮脂やファンデーションをふき取ってからメイク直しするといいですよ。

 

日焼け止めは顔用、もしくは化粧下地にUVカット効果のあるものを使ってくださいね!

日傘や帽子でガード

日焼け止めと並行して日傘やつばの広い帽子をかぶるとさらに効果は上がります。

 

でも日傘や帽子は上からの紫外線はカットしてくれても地面から照り返す紫外線はカットしてくれないので、『日傘さしているから日焼け止め塗らなくてもいいや』なんて油断しないでくださいね。

 

日傘や帽子を選ぶときには黒が透過性が低くておすすめです。

 

白でもないよりはマシになりますが、透過性が高く紫外線を通してしまうのであまりおすすめではないですね。

室内でも油断しない

紫外線には地上まで達するのが、UV-A波とUV-B波の2種類あります。

※UV-C波もありますがオゾン層で吸収されるため地上には届きません。

 

外にいるときはUV-A波もUV-B波も浴びてしまいますが、室内にいてもUV-A波は窓ガラスを通り抜けてしまうんです。

 

イラストにするとこんなイメージですね。↓↓

紫外線 窓ガラス通過

 

さらに季節問わず1年中降り注ぐし、曇りの日だって90%は地表に届くから安心はできません。

 

車に乗っているときや家の中でも窓の近くにいる時間が多い場合には、日差しや季節に関係なく日焼け止めやUVカットの化粧下地を塗って対策しましょう。

学生 ?

でも日光浴した方がいいとか聞いたことない?

OL 笑顔

あるある!

日光に当たらないと体内時計が乱れたりうつ病にもつながるって・・・

紫外線を浴びた方がいいとも聞いたことがあるが?

紫外線対策

適度な日光浴は健康によく、自律神経を整えたりビタミンDを生成して健康な歯や骨を作ったり美容にもいいとされています。

 

適度な日光浴は1日15分を週3日程度です。

ビタミンDは魚やキノコ類でも摂れるので毎日日光浴をする必要はありません。

 

健康にいい適度な日光浴もニキビがある場合には、茶色ニキビ跡を作る原因になります。

 

炎症しているニキビがある期間中は食事でビタミンDを摂取し、日光浴を避けるのが良いですよ。

実は直接浴びていなくても紫外線の影響を受けることがある!

そして先ほどから紫外線対策の話をしてきましたが、日焼け止めや日傘で防御しても茶色ニキビ跡になることがあるんです。

学生 笑顔

えっ!

それじゃ紫外線対策しても意味ないってこと?!

先生 !

さっき紹介したものは直接受ける紫外線の対策だからすごく意味あるよ!

でも他にも紫外線の影響を受けることがあるの!

実は紫外線は目からも入るんです。

 

目から入った紫外線によって「紫外線を浴びた」という情報が脳にインプットされると、直接肌が紫外線を浴びていなくても害を受けるんですよ。

 

意外ですよね。

 

この目からの害は、UVカットのメガネをかけることで軽減されます。

OL 悩む

サングラスってこと?

でも曇りや雨の日にもサングラスってちょっと恥ずかしいよね(汗)

先生 案内

UVカット効果のあるクリアレンズメガネがあるんだよ!

視力がいいなら伊達メガネとしてかけるといいね!

まとめ

☆ニキビがあるときに紫外線を浴びると茶色ニキビ跡に!

☆紫外線対策のポイント3つを守って!

☆目からも紫外線が入る

先生 笑顔

紫外線対策を10代・20代のうちからやっておくとニキビ跡の心配だけでなく、シミやシワ、たるみで将来悩みが増えるのを軽減させることができるよ!

ニキビ跡が茶色くなったら治るのに時間がかかる覚悟を!

【TOPページへ】

 

美玲先生が普段使っているスキンケアアイテム

リプロスキンリプロスキンおすすめのボコボコ肌:ニキビ跡(赤らみ・色素沈着・クレーター)

私はニキビ跡が発生したときに使っています!

独自の浸透システムで浸透力が抜群

複数のニキビ跡にアプローチ

W有効成分でニキビの後の肌を健やかに

 

累計販売本数85万本を突破した人気と実力を兼ね備えたニキビ跡の化粧水です。

これ1本で多様なニキビ跡に対応しているので、ニキビ跡の種類別に化粧水を使い分ける手間も省けますよ!

公式ホームページはこちら

実際に私が使ったレビューはこちら

 

 

デューテ
デューテ

おすすめのボコボコ肌:炎症したニキビ・クレーターニキビ跡

私は普段のスキンケアで使っています!

高い保水力成分が角質層の奥まで届く

抗炎症作用で悪化したニキビにも効果あり

無添加&弱酸性で敏感肌でも使用可能

 

保湿に加え保水力があるから肌の表面だけでなく奥までうるおいを保たせることができる化粧水です。

顔だけでなく全身に使えるから体にできたニキビにも付けられますよ!

公式ホームページはこちら

デューテのレビュー

coming soon…