ニキビを潰す

赤ニキビは目立つから潰してはいけないと分かっていても、潰してしまいかさぶたを作ってしまうことありますよね。

 

しかもかさぶたも気になって剥がしてしまったり・・・

 

でもかさぶたは絶対に剥がしちゃダメですよ!

 

かさぶたができてしまったときの対処方法を知って赤ニキビを悪化させないようにしていきましょう!

赤ニキビを潰してかさぶたになったときの対処方法を知ろう

かさぶたができてしまったら、肌の治癒力を高めてかさぶたが自然と剥がれるようにすることで治りが早くなります。

 

そのためには生活習慣を見直して血行を良くしたり、新陳代謝を上げる必要があります。

 

かさぶたを早く治すための改善ポイントは3つです。

  • 食事の見直し
  • 睡眠の見直し
  • 運動の見直し

 

これらを見直すことで新陳代謝が上がり、ターンオーバーがしっかりと行われるようになります。

食事の見直し

ニキビにいい食事 和食

食事は栄養バランスも大事ですが、3食きちんと食べること食事する時間を規則正しくすることも大切です。

ニキビやニキビ跡の治し方は意外と簡単!【食べ物編】

 

寝坊して朝ご飯を抜いてしまったり、おなかの空き具合で食べる時間がバラバラになっていたりすると栄養がしっかりと肌に行き渡らない原因になります。

 

栄養バランスって毎日メニューを考えなきゃいけないから大変だけど、3食毎回決まった時間に食べるのは続けやすいです。

 

仕事の都合で食事を食べ損ねたり時間がバラバラになってしまうなんてこともありますよね。

 

そんなときは、夕食を寝る2~3時間前には済ませることだけでも意識してみてください。

 

寝る直前に食べると臓器が休むから栄養が吸収されなかったり、胃に負担がかかって眠りを妨げるので気を付けてくださいね。

睡眠の見直し

質のいい睡眠

睡眠不足はニキビの改善を遅めるだけでなく、目の下のクマを作ったり肌荒れの原因になるから健康的な美肌を目指すならしっかりと睡眠をとることが重要です。

ニキビやニキビ跡の治し方は意外と簡単!【睡眠編】

 

睡眠はショートスリーパーやロングスリーパー等、人によってとりたい睡眠時間は変わってきますが、大切なのは睡眠の質です。

 

同じ睡眠時間でも熟睡できているかで肌や体の疲れの取れやすさが違います。

寝不足なだけでストレスもかかりますからね。

 

また、休日の寝溜めはダメですよ!!

体内時計が狂って平日に余計に起きられなくなるし、寝溜めしたところで睡眠の質が良くなるわけではないのでニキビを潰してできたかさぶたが早く治るきっかけにはなりません。

 

それよりもいつも同じ時間に起きて、体を動かしている方が血行が良くなって代謝を上げるのに効果的ですよ!

運動の見直し

姿勢

運動をすると体が温まるから血の巡りが良くなって栄養が体中に行き渡るようになります。

 

でも激しい運動をすればいいってわけじゃないですよ。

 

運動不足の人がいきなり激しい運動をしたらケガの原因にもなりますしね。

 

体が温まる程度の運動で大丈夫なので、ウォーキングをしたりストレッチをするだけでOKです。

 

食事や睡眠と違って、運動はデスクワークなど仕事で体を動かさない場合は『やろう!』と自らやる気を出さなければいけないので継続するのが大変です。

 

なので「ながら運動」がおすすめですよ!

 

TVを見ながらストレッチや家事をしながら足踏みしたり続けやすい方法を見つけてみてくださいね!

赤ニキビは炎症が進むにつれて潰したときに出血しやすくなる

ニキビを潰すのは強引に肌を抑えつけているから内出血や出血を起こしやすいです。

 

中でも赤ニキビは、炎症で毛細血管が傷ついてしまっているから潰した時に血が出やすくなっているんです。

 

もし出血してしまったら雑菌が入らないようにすぐ清潔な手で傷口を洗い、消毒をしましょう!

 

潰したすぐあとのかさぶたできる前ならキズパワーパッドなどの防水絆創膏を貼ると、かさぶたもできないし跡も残りにくいですよ!

先生 案内

キズパワーパッドはスポットタイプ小さくてニキビに貼りやすいよ!

かさぶたに絆創膏はNG

かさぶたを隠すためや早く治したいからと絆創膏を貼るのは良くないです。

 

かさぶたができる前であればキズパワーパッドなどの防水絆創膏を貼るとかさぶたを作らずに治してくれるから効果はありますが、かさぶたができてから絆創膏を貼っても意味がありません。

 

それどころかかさぶたが蒸れることで雑菌繁殖して悪化することもあります。

 

かさぶたになった時点で絆創膏を貼ることを諦めてくださいね。

 

赤ニキビを潰す前ならニキビパッチを貼るのがいいですよ。

 

間違えて赤ニキビを引っ掻いてしまったり、潰してしまうことを阻止する効果もあります!

赤ニキビがかさぶたになると治りにくくなるよ

かさぶたができるということは赤ニキビを潰しているということなので治りにくくなります。

 

赤ニキビは炎症をしていてすでに肌がダメージを負っているのに、爪や指で刺激したり傷口から雑菌が入ったりと余計にダメージを与えているからです。

 

かさぶたを作らない方が傷口がきれいに治ると言われているのは、ニキビにも適用されます。

 

赤ニキビを潰してかさぶたを作ったことで、色素沈着やクレーターのニキビ跡になる可能性があります。

 

一般的な治癒までの期間

赤ニキビ:1~3ヶ月程度

茶色ニキビ跡(色素沈着):半年~1年以上

クレーターニキビ跡:数年~一生

 

早く治したいはずの赤ニキビを悪化させないためには、潰さない・かさぶたを作らないようにしてくださいね!

かさぶたがはがれてきたらスキンケア必須!!

スキンケア

だんだん治ってくるとかさぶたが自然と剥がれてきます。

 

はがれるとピンクの肌が出ます。

この状態は角質など肌を守ってくれるものがない状態なので油断禁物な時期です。

 

乾燥しやすいし刺激も受けやすいし紫外線にも弱いです。

 

そのためスキンケアが非常に重要になります。

 

化粧水は保湿効果のあるコラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドのいずれかが入ったものを使い、美容液は美肌効果のあるものを使いましょう。

乳液は10~20代のうちは乾燥肌で美容液を付けてもカサカサする人以外は付けなくて大丈夫です。

 

さらに外出時はUV対策を必ず行ってください。

ニキビ跡と紫外線には関係が!UV対策は万全に!

 

かさぶたを無理矢理はがすとまた出血してかさぶたができて・・・と繰り返すので絶対に自然と剥がれるまで待ってくださいね。

 

かさぶたを繰り返すとニキビ跡になる可能性がグンと上がりますからね!

まとめ

☆赤ニキビを潰してかさぶたができたら生活習慣を見直して早く治そう

☆かさぶたがてきたら絆創膏は貼らない

☆赤ニキビがニキビ跡になったら治すまでに時間がかかる

☆かさぶたがはがれたらスキンケアは怠らないで!

先生 !

ニキビを潰す行為自体がダメだよ!

赤ニキビが気になってもそっとしておこうね!

あわせて読みたい記事

ニキビパッチは簡単貼るだけ!効果のあるニキビとないニキビの種類

【TOPページへ】

 

美玲先生が普段使っているスキンケアアイテム

リプロスキンリプロスキンおすすめのボコボコ肌:ニキビ跡(赤らみ・色素沈着・クレーター)

私はニキビ跡が発生したときに使っています!

独自の浸透システムで浸透力が抜群

複数のニキビ跡にアプローチ

W有効成分でニキビの後の肌を健やかに

 

累計販売本数85万本を突破した人気と実力を兼ね備えたニキビ跡の化粧水です。

これ1本で多様なニキビ跡に対応しているので、ニキビ跡の種類別に化粧水を使い分ける手間も省けますよ!

公式ホームページはこちら

実際に私が使ったレビューはこちら

 

 

デューテ
デューテ

おすすめのボコボコ肌:炎症したニキビ・クレーターニキビ跡

私は普段のスキンケアで使っています!

高い保水力成分が角質層の奥まで届く

抗炎症作用で悪化したニキビにも効果あり

無添加&弱酸性で敏感肌でも使用可能

 

保湿に加え保水力があるから肌の表面だけでなく奥までうるおいを保たせることができる化粧水です。

顔だけでなく全身に使えるから体にできたニキビにも付けられますよ!

公式ホームページはこちら

デューテのレビュー

coming soon…