鼻

『鼻が赤いとピエロみたいで恥ずかしい』

『鼻は出っ張ってるから余計に目立つのが嫌』

『鼻をかむときに痛くて困っている』

 

などなどいろいろな理由がありますが、赤いニキビ跡がほっぺにできるよりも鼻にできる方が気になる人が多いんですよね。

 

やっぱり鼻にニキビ跡があると目立ちますもんね。

原因と改善方法を知って効率的に鼻の赤いニキビ跡を治していきましょう!

鼻に赤いニキビ跡ができる原因

 

鼻とおでこはTゾーンといって、テカりやすいですよね。

テカりやすいのは皮脂が多いからです。

 

鼻に限らずニキビができるのは毛穴に皮脂が詰まることでできます。

そしてそのニキビが赤くなるのは常在菌であるアクネ菌が増殖して肌を刺激することによって、ニキビが炎症しているからなんです。

 

白いニキビだと痛くないのに、赤いニキビは痛みがありますよね。

この違いは炎症しているかの違いなんですよ。

 

鼻は皮脂が多いから毛穴に皮脂が詰まりやすいですし、アクネ菌は皮脂が大好きだから増殖しやすい場所でもあるんです。

 

とくに10代は皮脂の分泌が多いから鼻にニキビができやすいお年頃です。

ケアをしっかりして赤いニキビ跡を治していきましょう!

赤みを抑える方法

ニキビケア 時間

鼻のニキビ跡の赤みを抑えるには、化粧水で炎症を抑えるのが効果的です。

 

ビタミンC(誘導体)など抗炎症作用の入った化粧水を使うことで炎症を抑えることができ、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸などの高保湿成分も入っている化粧水を選べば毎日しっかり化粧水を肌になじませることで保湿も出来ます。

 

化粧水だけだと水分が蒸発して時間が経つにつれて肌が乾燥するので、美容液も必ず付けましょう。

 

美容液は美白効果のあるものをつかうと、ニキビ跡をつくりにくくなるのでおすすめです。

 

化粧水と美容液を付けるタイミングですが、お風呂あがりや洗顔後すぐに行ってください。

 

『本当にすぐですよ!すぐ!』

 

1秒でも早く化粧水を付けるような意識で急いで下さいね。

 

なんでそんなに急ぐのかというと、理由は2つあります。

 

1つ目は予想通りかもしれませんが、乾燥させないことです。

 

肌の水分はどんどん蒸発してしまう前に化粧水を付けることで、乾燥による肌トラブルを防ぎます。

予想以上に肌の水分が蒸発するのは早いですからね。

 

2つ目はなにも付けていない無防備な肌のままでいることで、肌に刺激を与えないようにするためです。

 

鼻は照れているときや隠し事をしている時など無意識に触ってしまうことが多い場所ですし、他の顔のパーツよりも出ている分服の裾が擦れてしまうことも増えてしまう場所です。

 

刺激はニキビを悪化させる原因になるので少しでも早く肌のバリアを作ってあげる必要がありますよ。

悪化すること

肌荒れ何をしたら赤みのある鼻のニキビ跡が悪化するのか知っておきたいですよね。

 

悪化するのは

毛穴パックをすること、洗顔をしすぎることです。

 

まず毛穴パックが悪い理由からお話しますね。

毛穴パック

毛穴パックは角栓をごっそり取れるし、剥がした跡のパックを見て角栓がいっぱい付いているとなぜか達成感を感じてしまいますよね。

 

角栓が取れることでスッキリして良さそうな感じもしますが、上記でもお伝えしたとおり赤いニキビ跡に刺激はNG!

 

パックを剥がすときに皮膚は引っ張られますし、炎症しているニキビ跡に強い刺激を与えてしまうんですよ。

 

傷口に塩を塗っている行為ですので、もし普段から毛穴パックしているならやめましょう。

洗顔のしすぎ

皮脂分泌が多いことが原因でニキビになるなら洗顔の回数を増やして皮脂を洗い流せば良いのではないかと思ってしまいますが、これは逆効果です。

 

洗顔をしすぎることで必要な皮脂まで洗い流されてしまうので、もっと皮脂を出さないと足りない!とより一層肌が皮脂を出そうと頑張ってしまいます。

 

そうすると皮脂分泌が更に多くなって、もっとニキビができやすい肌になります。

 

洗顔は正しく行って必要な皮脂を洗い流し過ぎなければ、現状で十分皮脂は足りていると肌が認識するので洗いすぎるよりも皮脂分泌は少なくなるんですよ。

ちょっと意外ですよね。

 

正しい洗顔の仕方は

ニキビ跡を治すおすすめの洗顔方法

を読んで下さいね!

紫外線ダメ

紫外線対策

紫外線はお肌の、特にニキビの天敵です!

 

ニキビやニキビ跡はお肌の負傷している部分なので、ニキビがない健康な肌の部分と比較して紫外線の影響を受け易いんですが、肌の機能として負傷しているところを守ろうとしてくれるんですよね。

 

それがシミの元となるメラニンなんですが、メラニンは紫外線から肌を守ってくれる役割があって、守った代償にシミを残していくんです。

 

ニキビ跡の部分に集中してメラニンを発生させるので、健康的な肌の部分にはシミができないのにニキビ跡にはシミができてしまい、結果的にニキビ跡の完治するのが遅くなります。

 

ちなみに日焼けをして黒くなるのもメラニンが紫外線から肌を守ってくれているからなんですよ。

だからメラニン自体は肌を守って、良いことをしてくれているんですがシミになるのは厄介ですよね。

 

ニキビ跡をシミにさせないためにもUVケアを天候に限らずしましょう。

 

鼻は出っ張ってる分日焼けしやすいですからね!

赤みのある鼻ニキビを予防するには

予防は必要以上に皮脂を出させないことです。

 

スナック菓子や揚げ物など油っこいものを沢山摂取すると肌も油っこくなるので食べ物から改善していきましょう!

 

ニキビやニキビ跡の治し方は意外と簡単!【食べ物編】

こちら記事でも紹介しているように肌にいい食事はバランスの良さです。

油分の取りすぎを防ぐためには和食がヘルシーなメニューが多くておすすめですよ!

 

スナック菓子やファーストフードなどの明らかに肌に悪いだろうなと想像できるものを控えるだけでも余分な皮脂の分泌をかなり抑える事ができます。

 

あなたが「肌に悪いだろうな」と想像したものは恐らくほとんどが肌に悪い食べ物で合っています。

テレビでも健康に良くない食べ物の話題が出ることもあるし、ネットでも簡単に調べられるから多くの人が明らかに肌に悪い食べ物の知識を持っているんですよね。

 

だから自分の知識やカンを信じて大丈夫なので、肌に悪いと思ったものは極力避けるのがいいですよ。

 

10代・20代は胃が健康な場合が多いから油っこいものをたくさん食べても胃もたれすることが少ないんですが、油っこいものは胃に負担がかかるし摂取のしすぎには気をつけてくださいね。

 

まぁ私自身、和食ばかり、オーガニック食材ばかり・・・なんて生活はしていません(笑)

スナック菓子とかファーストフードとか好きですもん。

 

私はなるべく控えるけど、ストレスが溜まるほど我慢しなくていいと思っています。

ストレスはニキビを作る原因にも、悪化させる原因にもなりますからね。

 

ストイックになりすぎず自分のできる範囲からやっていきましょうね!

まとめ

☆鼻は皮脂分泌が多いからニキビができやすい

☆赤いニキビ跡の炎症を抑えるのはビタミンC(誘導体)

☆毛穴パックと洗顔のしすぎは赤いニキビ跡を悪化させる

☆UVケアをしっかり

☆食べ物から鼻の過剰な皮脂分泌を予防していこう

先生 笑顔

毛穴パックと同じ理由でピーリングもやめたほうがいいよ。

古い角質を強制的に剥がしている行為なので肌へ負担が大きいからね

【TOPページへ】

 

美玲先生が普段使っているスキンケアアイテム

リプロスキンリプロスキンおすすめのボコボコ肌:ニキビ跡(赤らみ・色素沈着・クレーター)

私はニキビ跡が発生したときに使っています!

独自の浸透システムで浸透力が抜群

複数のニキビ跡にアプローチ

W有効成分でニキビの後の肌を健やかに

 

累計販売本数85万本を突破した人気と実力を兼ね備えたニキビ跡の化粧水です。

これ1本で多様なニキビ跡に対応しているので、ニキビ跡の種類別に化粧水を使い分ける手間も省けますよ!

公式ホームページはこちら

実際に私が使ったレビューはこちら

 

 

デューテ
デューテ

おすすめのボコボコ肌:炎症したニキビ・クレーターニキビ跡

私は普段のスキンケアで使っています!

高い保水力成分が角質層の奥まで届く

抗炎症作用で悪化したニキビにも効果あり

無添加&弱酸性で敏感肌でも使用可能

 

保湿に加え保水力があるから肌の表面だけでなく奥までうるおいを保たせることができる化粧水です。

顔だけでなく全身に使えるから体にできたニキビにも付けられますよ!

公式ホームページはこちら

デューテのレビュー

coming soon…