思春期ニキビ

思春期の赤ニキビは悩みのタネですよね・・・。

 

高校生以下だと学校はメイク禁止などの校則があったり、隠すこともしにくくてより一層気になってしまうんではないでしょうか。

 

そんな気になる思春期の赤ニキビを早く治すためのスキンケアなどを紹介していきますね!

思春期に赤ニキビができやすい理由

まずは思春期に赤ニキビができやすい理由を知っておきましょう!

 

思春期にニキビができやすいのは成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が多くなるからです。

 

皮脂が多くなることによって毛穴に皮脂が詰まりやすくなるし、ニキビを炎症させる原因であるアクネ菌が過剰繁殖するため赤ニキビができてしまうんです。

 

成長ホルモンによって皮脂分泌が増えるのはしょうがないことですが、肌のケアをすることで多少は抑えることはできます。

 

必要以上に赤ニキビを作らず早く治るように、思春期のニキビケアをしていきましょう。

思春期の赤ニキビを治す方法

思春期のニキビを治すには皮脂分泌を抑えることが大切です。

 

皮脂が過剰分泌する理由は成長ホルモン以外にも、スキンケア不足でうるおいが足りていなかったり、油っこい食事を好んで食べていたりすることなども原因になります。

 

スキンケアをしたり、食事内容を変えるのは自分の意識次第で変えることができますよね。

学生だとスキンケア用品を購入するお金に困ったり、食事は家族が作っていたりと改善するのも難しいところがあるかもしれませんが、親に相談してみるなど対処法を考えてみてくださいね。

学生 笑顔

ちなみに私はバイトをしてスキンケア用品を買ったり、学校に持っていくお弁当を自分で作ったりとかしてるよ!

思春期ニキビのスキンケア

化粧水 保湿

スキンケアは保湿効果の高いものを選びましょう。

顔がテカりやすいと保湿しなくても十分肌に水分がありそうな気がしますが、皮脂量と水分量は比例しないんですよ。

 

なので油分が多いから保湿しなくても大丈夫だろうと甘く考えず、毎日保湿をしてくださいね。

 

保湿効果の高い化粧水は、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸のいずれかが入っているものを選ぶと効果的ですよ。

さらにビタミンC誘導体など炎症を抑える効果のある成分も入っているものを使うと、赤ニキビの炎症が抑えられます。

 

皮脂が多い思春期は乳液を付けると油分が増えすぎて赤ニキビの原因になるので、付けるのは化粧水と美容液のみでOKです。

 

美容液を付け忘れてしまうと、せっかく付けた化粧水が蒸発して余計に乾燥を招いてしまいますよ。

美容液は美白タイプのものがおすすめです。

 

赤ニキビは炎症してダメージがある状態だからニキビ跡になりやすいんです。

だから美白タイプの美容液でニキビ跡を作る原因である紫外線対策も同時におこなうことで、治りにくいニキビ跡になるのを防ぐこともできますよ。

思春期ニキビの食事

ニキビにいい食事 和食

ニキビと食事は関係性が高く、食事を変えるだけでもニキビへの影響はかなり変化があります。

当然ですが現在の食生活が悪い程、バランスの良い食事に変えたときの変化は大きくなります。

 

スキンケアは肌の外からのアプローチですが、食事は肌の内からのアプローチになります。

 

思春期は油っこいものや甘いものを好む人が多いんですよ。

揚げ物やお菓子やジュースなどあなたも好きではありませんか?

 

油っこいものや甘いものは皮脂を過剰にさせる食べ物です。

でも好きな食べ物を抑制するのって大変ですよね。

 

もし毎日油っこいものや甘いものを食べているなら、2日に1回にして慣れたら3日に1回など徐々に減らしていくのがおすすめです。

 

食べたいものが食べられないのってすごくストレスが溜まるんです。

ストレスもニキビに悪影響を及ぼすので一気に無理して我慢するよりは少しずつ食生活を変えていくといいですよ。

思春期の赤ニキビをより早く治すには皮膚科orニキビ専用薬

赤ニキビをより早く治すにはスキンケアと食事に加え、ニキビの薬を塗ると治りやすくなります。

 

皮膚科に行って薬を処方してもらうのが良いですが、『皮膚科に行く時間がない』とか『このニキビで皮膚科に行くのはちょっと抵抗があるな・・・』なんて場合にはネットやドラッグストアで販売されている薬で効果のあるものを知りたいですよね。

 

私が市販薬でおすすめなのはテラ・コートリルです。

ステロイド薬なので必ず肌に合うかを確認するためにパッチテストを行ってください

 

皮膚科で処方してくれるような強いステロイド薬ではなく、ステロイド薬の中でも一番弱いタイプのものですが、薬を塗ったことが原因で肌荒れを起こしてしまう可能性もゼロではありません。に

市販で販売されているニキビ専用薬の中では強めの薬ですからね。

まとめ

☆思春期の赤ニキビは皮脂の過剰分泌で炎症することが原因

☆思春期もスキンケアは大切

☆食事の内容に気をつけることで皮脂の分泌を抑えることができる

☆皮膚科やニキビ専用薬を使うことも視野に入れておこう

先生 笑顔

思春期ニキビはできて当たり前と言われますがやっぱり気になるよね。

学園祭や修学旅行など思い出に残る写真を撮る機会もあるから悩むのは当然。

『あのときの写真は見たくない』なんて思わないためにもニキビができたら早め早めに対処していくことが大切だよ!

【TOPページへ】

 

美玲先生が普段使っているスキンケアアイテム

リプロスキンリプロスキンおすすめのボコボコ肌:ニキビ跡(赤らみ・色素沈着・クレーター)

私はニキビ跡が発生したときに使っています!

独自の浸透システムで浸透力が抜群

複数のニキビ跡にアプローチ

W有効成分でニキビの後の肌を健やかに

 

累計販売本数85万本を突破した人気と実力を兼ね備えたニキビ跡の化粧水です。

これ1本で多様なニキビ跡に対応しているので、ニキビ跡の種類別に化粧水を使い分ける手間も省けますよ!

公式ホームページはこちら

実際に私が使ったレビューはこちら

 

 

デューテ
デューテ

おすすめのボコボコ肌:炎症したニキビ・クレーターニキビ跡

私は普段のスキンケアで使っています!

高い保水力成分が角質層の奥まで届く

抗炎症作用で悪化したニキビにも効果あり

無添加&弱酸性で敏感肌でも使用可能

 

保湿に加え保水力があるから肌の表面だけでなく奥までうるおいを保たせることができる化粧水です。

顔だけでなく全身に使えるから体にできたニキビにも付けられますよ!

公式ホームページはこちら

デューテのレビュー

coming soon…