ニキビに睡眠は大切

睡眠は1日の中でも長時間おこなうものですよね。

 

だからこそ肌や健康にも影響してくるから睡眠の見直しは非常に大切なんです。

 

睡眠を改善してニキビの予防改善をしていきましょう!

ニキビに睡眠が大事な理由

寝不足だと体調も肌も不調になりますよね。

 

寝不足は自律神経の乱れにつながっていて、肌の新陳代謝や免疫力を低下させたり、肌荒れやニキビを引き起こす原因になるんです。

 

ニキビがある人は美肌の人に比べて、睡眠不足が多いそうなんです。

 

そもそも睡眠時間が少ないなら自覚があると思うんですが、睡眠時間は取れているのに睡眠の質が低いから睡眠不足になっているのってなかなか気づきにくいんですよね。

 

睡眠時間が多くても寝付きが悪かったり、起きた時に体にだるさや重さを感じたりするなら質の高い睡眠がとれていないので、睡眠不足によるニキビができやすくなります。

 

また、ぐっすりと質のいい睡眠ができるとストレスを軽減させる効果もあるんですよ!

ニキビ・ニキビ跡に効果的な睡眠の時間帯

質のいい睡眠

睡眠3時間以内に熟睡できていると成長ホルモンが分泌され、お肌が再生されることによってニキビの予防改善ができます。

 

よく睡眠のゴールデンタイムは22時~2時だって言われていますよね。

 

でも実は時間帯がポイントになっているのではなく、その間に寝ることで体内時計を乱れさせないようにすることや必要な睡眠時間の確保をすることがポイントになっているんです。

 

なので睡眠のゴールデンタイムに寝なきゃ成長ホルモンが分泌されないわけではありませんが、この時間に寝ることでお肌を健康にするリズムができるので、直接の関係がなくてもあながち嘘ではないので守ると美肌に有効な睡眠ができますよ。

ニキビを改善させるには睡眠の質を上げる

ニキビを改善させるための成長ホルモンが分泌させるためには質のいい睡眠が必要不可欠です。

 

そのために簡単に改善できることが2つあります。

  • 寝具を自分に合ったものにする
  • 電気を薄暗くして寝る

 

両方とも合っていない状態だと自分はちゃんと寝ているはずでも、深い眠りを妨げてしまっている可能性があるんです。

寝具を自分に合ったものにする

ベッドの硬さや大きさ、枕の高さが合っていないと、寝ていても体はゆっくり休まることができないんです。

 

ベッドは硬すぎると血行が悪くなるし、柔らかすぎると寝返りが打ちにくくなります。

硬さや大きさは自分の体型・体重でも適切なものが変わるので、実際に寝心地の体験のできる店舗に行って5分程度寝転がってみるといいですよ。

 

そのときに体が痛くなったり沈み過ぎるものは避けてくださいね。

 

ベッドは高い買い物になるからコロコロと変えられるものではないので、試すのは本当に大切です。

 

また、枕の高さもあっていないと頭痛や肩こり、いびきの原因になります。

 

ちょうどいい高さは自然なカーブが保たれる高さなんですが、これも体格によって適切な高さが変わるので実際に当ててみてから買ってくださいね。

電気を薄暗くして寝る

睡眠時の電気の明るさは好みが分かれますよね。

 

真っ暗がいいタイプもいれば、

薄暗くしたいタイプもいるし

明るさ全開で寝たいタイプもいます。

 

ですが、が深く眠るのに最適な明るさは薄暗くするのが1番なんです。

 

まず照明をつけたまま明るいところで寝た場合はメラトニンという眠りを促すホルモンを抑制してしまうので、熟睡できなくなる原因になります。

 

また、真っ暗の場合は身の安全の確保がしにくいため無意識のうちに不安になってしまい、悪夢を見やすく眠りが浅くなってしまうと言われています。

 

薄暗さの程度は、自分が不安を感じない程度の暗さにするのが効果的

 

成長ホルモンを分泌させてニキビの予防改善をしていくには、熟睡するのがいいので明るすぎるor暗すぎる状態で寝ているならぜひ照明の調節をしてみてください。

ニキビを悪化させる寝る前の3つのNG

NG

  • 食べ過ぎ・空腹過ぎ
  • スマホやパソコンの操作
  • コーヒーなどのカフェインの摂取

これらを寝る直前に行うと寝付きが悪くなったり、浅い睡眠にさせてしまう原因になります。

食べ過ぎ・空腹過ぎ

寝る前3時間以内に食事をすると上手く消化ができず、胃腸に負担がかかってしまいます。

 

胃腸に負担がかかると口元にニキビが出やすくなるんですよ。

もし今口元にニキビがあるなら食生活を見直した方がいい可能性大かも!

 

とくに満腹感が出るほどの食事は負担が大きいので、就寝時間の3時間前には夕食は済ませておくのがベスト。

 

でも仕事の都合などで思い通りの時間に食事ができないときもありますよね。

 

そんな時は、夕方などに休憩があればちょっと早めでも食べておいて、夜におなかがすいたときには消化のいいものを摂取するのがおすすめです。

 

また空腹過ぎも覚醒刺激になるので食べるのを我慢し過ぎないでくださいね。

 

消化のいい食べ物は、炭水化物ならおかゆや柔らかくゆでたうどんなど。

小腹がすいた程度ならバナナやゼリーも消化がいいです。

 

食物繊維や脂の多いもの、香辛料の入った刺激物は胃腸に負担がかかってしまうので避けるといいですよ。

スマホやパソコンの操作

スマホやパソコンは光が強いので寝る前に見ると目が冴えてしまいます。

 

また、ネットサーフィンとか動画を見ていたりするとあっという間に時間が過ぎてしまって、気付いたら寝る時間が短くなっていた!!なんて経験ありませんか?

 

光で目が冴えているから自然と来るはずの睡魔が全然来ないし、楽しくスマホやパソコンを操作していると時間も忘れがちになるから、睡眠時間が短くなってニキビができやすいサイクルになってしまうんです。

 

ちなみにテレビの場合は、離れてみている分には目に光が入ってくる量が少ないのでスマホやパソコンよりも寝付きにくさは生じないので、寝る前の暇つぶしならテレビのほうがいいですよ。

 

ただ近くで見ていたらスマホ等と変わらないし目も悪くなるので、遠目から見てくださいね。

コーヒーなどのカフェインの摂取

寝る前にカフェインを摂取すると眠りを妨げてしまいます。

 

眠気防止剤にはドリンクにも錠剤にもカフェインが入っていて、眠気が襲ってくるのを防止しています。

 

ということはコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインが入っている飲み物を飲んだら眠さが吹き飛ぶのは当たり前ですよね。

 

しかもそれだけでなく、カフェインには利尿作用もあってニキビに効果的な栄養素も体に吸収される前に体外へ排出されてしまうんですよ。

せっかく摂った栄養が無駄に・・・。

 

なのでノドが乾いたら、カフェインの入っていない麦茶やルイボスティーを飲むといいですよ。

 

市販のペットボトル飲料だとノンカフェインと表示のあるものを購入すると確実です。

甘い飲み物はニキビの原因となる糖分が含まれているので避けてくださいね。

まとめ

☆睡眠の質を改善してニキビを予防改善しよう

☆寝る時間帯よりも質が大事

☆寝具と照明の調節を

☆3つのNGはやらないように!

先生 OK

ペットボトル飲料表記の豆知識を教えるね!

 

【ノンカフェイン】

全くカフェインが入っていないもの。

100%カフェインなし。

 

【ディカフェ】

本来カフェインが入っている飲み物からカフェインを抜いたもの。

99.9%以上のカフェインが除去されている。

 

【カフェインレス】

カフェインがほとんどはいっていないもの。

ディカフェと同じくカフェイン含有率は0.1%未満。

 

覚えておくと買う時に悩まないで済むよ!

【TOPページへ】

 

美玲先生が普段使っているスキンケアアイテム

リプロスキンリプロスキンおすすめのボコボコ肌:ニキビ跡(赤らみ・色素沈着・クレーター)

私はニキビ跡が発生したときに使っています!

独自の浸透システムで浸透力が抜群

複数のニキビ跡にアプローチ

W有効成分でニキビの後の肌を健やかに

 

累計販売本数85万本を突破した人気と実力を兼ね備えたニキビ跡の化粧水です。

これ1本で多様なニキビ跡に対応しているので、ニキビ跡の種類別に化粧水を使い分ける手間も省けますよ!

公式ホームページはこちら

実際に私が使ったレビューはこちら

 

 

デューテ
デューテ

おすすめのボコボコ肌:炎症したニキビ・クレーターニキビ跡

私は普段のスキンケアで使っています!

高い保水力成分が角質層の奥まで届く

抗炎症作用で悪化したニキビにも効果あり

無添加&弱酸性で敏感肌でも使用可能

 

保湿に加え保水力があるから肌の表面だけでなく奥までうるおいを保たせることができる化粧水です。

顔だけでなく全身に使えるから体にできたニキビにも付けられますよ!

公式ホームページはこちら

デューテのレビュー

coming soon…