学生 悩む

冬はニキビができやすい気がするなぁ。

しかもかゆくなったり、皮がむけたりして本当に困るの・・・。

OL 笑顔

空気が乾燥している冬は、夏に比べて化粧ノリも悪くなるんだよね。

簡単に乾燥が防げる方法が知りたいな!

先生 OK

では今回は、肌が乾燥している目印となるものと乾燥対策を紹介しますね!

乾燥しがちな冬でもしっかり対策をすることでニキビを防ぐことができますよ!

肌が乾燥している目印は「唇の乾燥」

唇 乾燥

唇が乾燥しているとガサガサしたり、唇が切れて痛い目にあったりしますよね。

 

そんな風に唇が乾燥しているタイミングは、肌も同じく乾燥しています。

 

唇は皮膚が薄いので乾燥に気付きやすい部分になります。

そのためリップクリームやリップバームを塗ったりして1日に何度も乾燥対策をしている人も多いんですよね。

 

ですが唇のみが乾燥することはあまりなく、リップクリームを塗らなきゃ!と思っているときには肌も乾燥していてうるおいを欲しています。

 

冬は空気が乾燥していて夏に比べ乾燥しやすいから乾燥対策が重要になります。

 

肌が乾燥していてニキビが発生しやすくなるのは、乾燥によってターンオーバーで古い角質層がうまく剥がれず毛穴を塞いでしまうからです。

 

毛穴が狭くなれば毛穴に詰まった汚れが取れにくくなってニキビができやすくなるし、肌が硬くなることでクレーターニキビ跡にもなりやすいです。

 

クレーターニキビ跡ができると治すのは非常に難しく、何歳になってもニキビ跡で悩み続けることになりかねません。

 

そうならないためにも唇が乾燥した時にはリップクリームで唇の乾燥対策をするだけでなく、保湿力のある化粧水や美容液を使って肌の保湿もしてくださいね。

冬はとくに室内の湿度管理を徹底して乾燥を防ごう

できれば乾燥してからあせって保湿対策するのではなく、肌が乾燥するのを事前に防ぐ対策をするのがおすすめです。

 

乾燥する前に始められるのが、室内の湿度管理をすることです。

 

冬はただでさえ空気が乾燥しているのに、室内は暖房を付けることでより一層乾燥するんですよね。

 

そんなカラッカラに乾燥した室内にいれば必然的に肌も乾燥するってもんです。

 

冬の最適な湿度は40~50%が目安です。

湿度を知るために100円ショップなどの安いものでいいので、湿度計を1つ購入すると便利ですよ。

 

室内の主な加湿方法
  • 加湿器(湿度設定のできるものが湿度の管理がしやすいのでおすすめ)
  • 濡れタオルを干す(加湿力は弱いが宿泊先などでも簡単に加湿できて手軽)
  • 霧吹きで水をまく(定期的に自分で水をまく必要があるが、手早く加湿したいときに使える方法)
  • 観葉植物を置く(葉っぱから水分を蒸発させるため天然の加湿器になるので、濡れタオルなどの加湿力の弱いものと併用すると効果UP)

 

湿度を上げることは体調を崩さないためにも必要なことです。

湿度が40%以下の乾燥した状態になると風邪やインフルエンザのウイルスが活発になるから、これからの時期は特に気を付けなければなりません。

 

体調が悪くなると体が辛いだけでなく、免疫力が落ちてニキビなどの肌荒れも起こしやすくなるんですよ。

 

だからといって湿度を上げ過ぎるとカビが発生する原因になるので最適な湿度を保つようにしてくださいね。

先生 案内

ちなみに夏は室内の湿度を50~60%にすると肌が乾燥しにくくなるよ!

水分補給で体内を潤わせることもニキビ対策になる

ニキビ 水分補給

 

冬は汗をかきにくいし喉も渇きにくいから、ついつい水分補給を忘れて1日の水分摂取量が少なくなりがちなんですよね。

 

でも喉が渇かないからといって体内の水分量が十分にあるとは限りません。

 

体内の7~8割は水分でできていると言われているので冬でも水分補給は欠かせないですよ。

トイレに行ったり、皮膚から蒸発したり水分は徐々に体外へ出て行ってしまいます。

 

それを補ってあげないと体内の水分が枯渇し、肌へしっかりと供給できなくなるし肌のターンオーバーも促されずニキビができやすい肌環境になります。

 

1日に必要な水分補給量は1.5リットル程度とされています。

それも食事で摂取できる水分量を除いて約1.5リットルの水分を摂るのがいいとされているんです。

意外と量ありますよね。

 

この量の水分を一気に摂るのではなく、少量に分けて取るのが乾燥した体内に十分に水分を行き渡らせることができるのでおすすめ。

 

こまめに水分を摂ることを意識することで乾燥する前に水分摂取ができるから、乾燥の目安である唇もカサカサになりにくくなるのが実感できるはずですよ。

 

スキンケアや室内の湿度で乾燥対策をしても、体内が渇いていたら効果は軽減してしまうので両方同時に対策していきましょう!

先生 笑顔

湯船に浸かりながら水分補給をするのと吸収率がアップするよ!

でも熱いお湯は皮脂が溶けやすく乾燥の元になるから、体温より少し高い40℃のお湯が最適だよ!

まとめ

☆肌が乾燥してニキビができやすくなっているか判断するなら唇を見よ!

☆室内の湿度管理で肌の乾燥のしやすさは段違い!

☆水分補給がニキビを作らない肌作りに必須!

先生 !

ちょっとした対策で冬の乾燥を防いでニキビを作りにくくできるから、実践するのは1日でも早い方がいいよ!

お金もそれほどかからずに始められるし、冬でも乾燥しない肌を作っていこうね!

【TOPページへ】

 

美玲先生が普段使っているスキンケアアイテム

リプロスキンリプロスキンおすすめのボコボコ肌:ニキビ跡(赤らみ・色素沈着・クレーター)

私はニキビ跡が発生したときに使っています!

独自の浸透システムで浸透力が抜群

複数のニキビ跡にアプローチ

W有効成分でニキビの後の肌を健やかに

 

累計販売本数85万本を突破した人気と実力を兼ね備えたニキビ跡の化粧水です。

これ1本で多様なニキビ跡に対応しているので、ニキビ跡の種類別に化粧水を使い分ける手間も省けますよ!

公式ホームページはこちら

実際に私が使ったレビューはこちら

 

 

デューテ
デューテ

おすすめのボコボコ肌:炎症したニキビ・クレーターニキビ跡

私は普段のスキンケアで使っています!

高い保水力成分が角質層の奥まで届く

抗炎症作用で悪化したニキビにも効果あり

無添加&弱酸性で敏感肌でも使用可能

 

保湿に加え保水力があるから肌の表面だけでなく奥までうるおいを保たせることができる化粧水です。

顔だけでなく全身に使えるから体にできたニキビにも付けられますよ!

公式ホームページはこちら

デューテのレビュー

coming soon…