学生 ?

肌の保湿ってしてる??

OL 案内

私は毎日しているよ!

冬になるとフェイスパックをする日数を増やしたり、たっぷりの化粧水を使って保湿したり!

学生 悩む

へぇ~!

私はどんな保湿の仕方をしたらいいのかわからなくて・・・

先生 笑顔

では冬によくある間違った保湿方法があるから紹介しますね。

反面教師として読んで、同じことをしないように気を付けてくださいね。

冬の保湿にありがちな間違い3選

間違い

安い化粧水をたっぷりの量使っても保湿はされない

ドラッグストア等で販売されている大容量なのに500円くらいで販売されているコスパのいい化粧水は思う存分使えるし魅力的ですよね。

 

ネットやYouTube等でもおすすめ商品として紹介している人も多いから愛用している人もいると思います。

 

ですが、コスパ重視の化粧水で良い成分を使っているものは少ないんですよ。

 

同じ成分名だとしてもグレードや精製度が違って、角質層への浸透力や効果も違ってきます。

でなければ、安く販売できるわけがありませんから。

 

たっぷりの量化粧水を使うと保湿している気分は十分に味わえるのですが、実際はたくさん量を使ったからと言って保湿力がアップするわけではないので注意しましょうね。

乳液をたっぷり使って蓋をするのは間違い

化粧水を使った後に蓋をしないと水分が逃げてしまうから油分も足してあげなきゃ!と乳液をたくさん使うとニキビの原因を招く恐れがあります。

 

特に思春期ニキビの原因は皮脂が毛穴に詰まることなので、乳液によって油分が多くなりすぎても毛穴に詰まってニキビにが発生します。

 

乳液は絶対に付けなければいけないものではなく、必要に応じて付ければいいものなんですよ。

 

10代・20代では自身の肌に皮脂を分泌させる機能が十分にあるので、わざわざ乳液で油分を足してあげる必要はありません。

 

「乾燥が目立つときのみ付ける」くらいに留めておきましょう。

フェイスパックを長時間しても逆効果

フェイスパックをすると女子力が上がったように感じられて、何分でもパックをしてしまう人がいますが絶対にやめてください。

 

長時間パックをし続けるとパックが渇いていき、逆に肌の水分を奪ってしまいます。

 

あまり長く顔に貼り続けていると剥がしたときにパックが乾燥しているのが分かるはずです。

それを顔に潤いが移ったからだと認識するのは間違いですからね。

 

フェイスパックのパッケージに目安時間が記載されていますが、多くのものは10分前後です。

 

時間の長さと保湿力はイコールではないので時間を守って使用してください。

冬に間違った保湿をしてしまう原因

冬のニキビや肌荒れに乾燥が関係していると理解している人ほど「保湿をしなければいけない!」という気持ちが大きくなります。

 

そうすると、スキンケアの量や時間を多く使えばいいと勘違いしてしまうんです。

 

間違った冬の保湿方法は自分が納得できる量と時間をスキンケアに当てるので、保湿している気分が上昇しとても満足感はあります。

 

ですがそれはただの自己満足に過ぎません。

 

規定量を使っても乾燥しているのであれば、使っているスキンケア用品の保湿力があなたの肌と合っていないのです。

 

スキンケア用品の付けすぎは肌をふやけさせ、バリア機能を弱めるので必要以上にヒタヒタにする必要はありませんよ。

スキンケアの選び方

化粧水 保湿

 

冬はどの季節の中でも乾燥をする時期なので、保湿力を重視したスキンケア用品を使いましょう。

 

化粧水を選ぶポイントは、コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドのどれかが入ったものを選ぶと保湿力があり、美容液は保湿美容液と記載されているものを選んでください。

 

美白用やアンチエイジング用などの美容液もありますが、冬の乾燥によるニキビや肌荒れに悩んでいるのなら保湿美容液を使うべきですよ。

 

また冬に向いているスキンケアとしてもうひとつ、普段より肌が乾燥しているときに行うおすすめの方法があります。

 

それは普段のスキンケアにオイルをプラスすることです。

 

オイル自体には保湿効果はなく、外部の刺激から肌を守る保護に効果的なのでオイルだけ塗っても意味がありませんよ。

 

化粧水や美容液を付けた後にオイルを少量付けて下さい。

※多量に付けるとニキビの原因になったり、肌に長時間残って酸化します

 

乾燥している肌は皮脂で肌が保護されていない状態なので、オイルが皮脂代わりとなることでバリア機能として刺激から肌を守ってくれます。

 

毎日オイルを付けると皮脂分泌機能が衰えるので、乾燥がひどい日のみの使用と決めて使ってくださいね。

冬の正しい保湿方法

冬はたくさんいろんなスキンケア用品を付けて乾燥を防ごうとしてしまいますが、必要以上に付ける必要はありませんよ。

 

手間もお金もかかりますしね。

 

基本は化粧水と美容液で保湿することです。

乾燥が目立つときのみ、乳液やオイルを使ってケアをしましょう。

 

冬は乾燥が目立つからと多めに使うのではなく、記載されている量を守って使うことが大切ですよ。

 

あと、朝の洗顔は洗顔料を使わないでください。

 

朝晩と洗顔料を使うと皮脂が減り過ぎてしまうため、乾燥するor足りなくなった皮脂を補うために皮脂分泌が過剰になりテカるのどちらかになってしまいます。

 

なので朝はぬるま湯だけですすぎ、必要な皮脂は取っておきましょう。

 

正しいスキンケアに改善することと同時に洗顔のし過ぎを治すことで、肌本来の保湿力を取り戻させニキビを作りにくい肌を作ることができますよ。

まとめ

☆スキンケアは量と時間を間違えないで!

☆乳液は必ずしも必要ではない

☆冬は保湿力のあるスキンケア用品を使おう

☆洗顔で必要以上に皮脂を取り除かないことも大切

先生 !

冬の保湿は尾量と時間を使って満足してしまうことが多いので、まずは間違いに気付くことが大切ですよ!

ただき目安量より少なく使っても効果が薄らぐので、しっかりと適量を使ってくださいね!

【TOPページへ】

 

美玲先生が普段使っているスキンケアアイテム

リプロスキンリプロスキンおすすめのボコボコ肌:ニキビ跡(赤らみ・色素沈着・クレーター)

私はニキビ跡が発生したときに使っています!

独自の浸透システムで浸透力が抜群

複数のニキビ跡にアプローチ

W有効成分でニキビの後の肌を健やかに

 

累計販売本数85万本を突破した人気と実力を兼ね備えたニキビ跡の化粧水です。

これ1本で多様なニキビ跡に対応しているので、ニキビ跡の種類別に化粧水を使い分ける手間も省けますよ!

公式ホームページはこちら

実際に私が使ったレビューはこちら

 

 

デューテ
デューテ

おすすめのボコボコ肌:炎症したニキビ・クレーターニキビ跡

私は普段のスキンケアで使っています!

高い保水力成分が角質層の奥まで届く

抗炎症作用で悪化したニキビにも効果あり

無添加&弱酸性で敏感肌でも使用可能

 

保湿に加え保水力があるから肌の表面だけでなく奥までうるおいを保たせることができる化粧水です。

顔だけでなく全身に使えるから体にできたニキビにも付けられますよ!

公式ホームページはこちら

デューテのレビュー

coming soon…